欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

【雑感】オーディションに受かる人と落ちる人の違い

私は今オーディション番組に

めちゃくちゃハマってます。


↓のYouTubeを第一次審査から最終審査まで気付けば朝の3時まで夢中で見ました。

(泣けるのでザ・ラストヒロインシリーズ、ぜひ。https://youtu.be/W8JG_mdxnOE


そこで、改めてオーデション番組の魅力とどういう子が受かるのか、私なりの分析(上から目線ですみません)を。


受からない子は、

自分が好きなもの(歌や芝居)を

審査員に見せたい、アピールしたいという気持ちしかない。


ただ、上手いというだけで

見てる人の心に届かない。


そうではなくて「観てくれた人に何を伝えたいか」これがあるとないでは全く表現の方法や意識が変わってくる。


それが伝わる子は多少技術がなくても受かるし、

オーデションの醍醐味は、技術がない子でも、感性と気持ちが強くある子は、回を重ねるごとにどんどん成長していく。 

その成長があるかないかは、オーデションに挑む心構えや、その子が、目指す目標をもっているかで、変わってくるとおもう。


------------------------------



それは「自分がどうやって生きたいのか」考える上でも大事になるポイントだとおもう。


例えば、今年こそは英語を学ぼう!

しゃべれるようになりたい!と思ったところで、

安易に英会話教室に通えばいいか、トイックのテキストで勉強…と行動したところで私は何も変わらないとおもう。ただ、英語が上手に発音できたり、英語の問題が解けることがゴールじゃないはず。


英語をしゃべれるようになって、 どうしたいのか?


ex.海外で働いて仕事のキャリアをあげたい、外国人と英語で堂々と意見交換をしたい、日本に来た外国人に英語で観光案内して楽しませたい、英語の楽しさを子供たちに伝えたい、とか。


その先がどうであるかによって

努力の方法も変わってくるし、

本気度や上達度も違ってくるので

目標設定をイメージすることは大事だと思う。