読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

就活イベントに先輩社員として参加して思ったこと

なぜ今この会社で働いてるのか

就活生からの矢継ぎ早に質問受けながら

考えるのと同時に瞬間で答えを出していくうちに

「あ、わたしこんな風に考えていたんだ」というのが

分かっていく。


この会社に入社した決め手について聞かれたとき

「安定していて長く働けること、

女性でも営業が出来て男性と比べ不利にならない業種であること、

1人で全て完結できる営業スタイルということ」

と客観的にみた今の仕事のメリットについて自然と語っていた。


就活当時は、1番先に内定が出たというのと、楽そう、という理由だけで

上記の理由は、完全に後付けなんだけど。


あと1つ発見があって、

人に質問をするとき発見が、具体的に尋ねることが大事だということ。


「1日のタイムスケジュールを教えてください」⇨午前メールチェック、午後打ち合わせ、帰社後提案書作成とアポ取り

「大変だったエピソードを教えてください」⇨初めは契約が出なかった。しかし、先輩方によるフォローよって解決。

「入社後のギャップは何かありましたか?」⇨早く帰れるが、残業代などの手当がつかない。


などありきたりな通り一遍の質問だと

具体的に何を期待してしているのか分からず、

こちらの回答も抽象的な答えになってしまう。


入社するかどうか具体的に迷ってる理由をぶつけて

もやもやを解決させるのが

就活イベントの先輩社員と対談の目的ではないのだろうか。