欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

結局、何が言いたいの?と言われる人の特徴

f:id:asapomn:20160919165212j:image

人がその人の話を聞く時、、

それは、「何かを買う時」だったり、「情報を得たい時」だったり

「相手のことを知りたい」とかそういう時だと思います。

 

そんな時に、【結局何が言いたいのか分からない】と言われてしまっては

せっかくのチャンスを手放してしまいます。

うまく伝えられていれば、「買ってくれたり」「情報を配信してくれたり」

「自分の理解者を作れたり」することができたかもしれないのに・・・

 

私は営業という仕事をしており、職業病的に

電車の中やカフェなどの会話が気になってしまって、

「それだと多分うまく伝わってないだろうなぁ」とか

「もっとこうすればうまく話が進むのになぁ」とか思うことがあります。

 

その特徴はひとつ、【一つの文章がとてつもなく長いこと】です。

話している本人は夢中なので、そのことに気づいていない可能性が大ですが

聞き手としては、一つの話が終わらないうちに別の話に変わってしまい

不完全燃焼に陥ってしまいます。

それで、冒頭にあったように、「あの人の言っている話はよくわからない」となってしまうわけです。

 

これを改善する方法はとても簡単。

まず、自ら長い文章を喋っているという自覚を持つこと。

(自分は違うと自覚がない人がほとんどですから。)

私も営業を始めて、まず先輩に指摘をされたのがそこで

簡単な自己紹介とか今日あったことを『ボイスレコーダーで録音して聞いてみて』と言われ

実践してみると、なんてひどい話し方をしているんだ!!!と衝撃をうけました。

 

話し方を劇的に変える本とか、セミナーとかたくさんありますが、

そんなのはまず必要ないと思います。

まず、1円もかからずに話し方を改善する方法を試してみてください。