欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

自分を好きになれないと人も好きになれない#ブロークンイングリッシュ感想

30歳独身OLの恋愛物語。

等身大で描かれていて、映画の中の主人公、ノラ(パーカー・ポージー)と自分を重ね合わせてみたり

恋愛下手な女子は共感ポイント満載だと思います。

逆に男性は、あまり面白いと感じないかもしれないですが。笑

 

さて、映画の中で私がはまった共感ポイントですが、、

それは「必死さ」です。

結婚って早くすればいいって問題じゃないと思いますが、

やはり30代になると、いいなと思う男性はすでに結婚していることが多く

相対的に未婚者の数は少なくなってきます。

そうすると、「この人を逃したらあとはもうないかも」という気持ちに自然となり

その必死さが逆に男性を萎えさせてしまい、恋愛はうまくいかないのです。

そしてうまくいかない現状に、どんどん自分が嫌いになっていく。

「なんでみんなは彼氏がいるのに私だけ一人なの?」と・・・・ 

 

気にせず余裕を持っていればいいんでしょうけど、

そんな人生うまくいかないんですよね。

空回りしてもどかしい30歳の恋愛事情がうまく描かれていると思います。

 

そして物語は佳境へ・・・・・

人を好きになれないと思っていたノラがなぜ、人を好きになることができたのか、

「誰かに決められるんじゃなくて自分でちゃんと決断したい」

とひとりフランスにとどまることを自分で決めたノラ。

そこでやっと自分を受け入れ、嫌いな自分からマインドが変わることができ

最後ハッピーエンドを向かえます。

 

最後の結末は、ちょっと非現実的で映画の世界かなって思いますが、

主人公ノラが自分を受け入れ、すこしずつ明るく変わっていく姿に元気をもらいます。

 

よかったら、ぜひ。

週末にひとりでdvdをぼんやりと見たいときにオススメです。

 https://youtu.be/g_fm7gFGm9o

f:id:asapomn:20160919222544j:image