欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

ビリギャル感想。お母さんの素晴らしい教育方針。

Amazonプライムビデオで

ビリギャルの映画が見れるようになっていたので、

早速みてみました!

 

なんとなく、ストーリーは推測がつくのですが

それでもやっぱり涙腺崩壊しました。。

 

私が思う、この映画のメッセージは

【覚悟を決めろ、覚悟を持った人は強く輝く】

だと思います。

 

学校1のビリから慶應合格を目指す主人公のさやかちゃん(有村架純)は、もちろんすごいですが、

それより私が1番すごいなと思ったのは

さやかちゃんのお母さん(吉田羊)ですね。

お母さんの【どんな時でも全力で子供達を応援する覚悟】が周りの人を少しずつ変えていくんですよ。

 

学校に呼び出されて、さやかちゃんの担任から「授業中ずっと寝てて迷惑です、遅くまで勉強しているせいだと言ってますけど、慶應なんて無理です、勉強するだけ無駄」と言われた時も

「あの子があんなに夢中になってるのはこれが初めてなんです、なんとか応援してやりたいんです」と頭を下げ頼み込んだり

塾の授業料が払えなくなった時も
仕事を掛け持ちして、夜遅くまで働いて授業料を工面したり

さやかちゃんが勉強が辛くなって精神的に落ち込んでいた時も

「辛いなら無理してやる必要はないよ。辞めてもいいんだよ。」と言ったり。

 

 

とにかく、自分のためではなく、【子供たちの為になるならどんな事でもやる覚悟】に満ちていて輝いてるんです。

 

その覚悟がなんであれ、覚悟を持った人は強いし、輝いてる。

自分が大切にしたいものは、みんな多かれ少なかれもってるけど、それをどんな時も貫くことは難しい。

ときに周囲から無理だと言われたり、煙たがられたりする。

けれど、覚悟を持ち続けた人にしか進めない道もあるし、進んだ先にみえる景色も大きく変わっていく。

 

そんなお母さんがいたからこそ、
ビリギャルは生まれたんだなぁと思います。

 

(そんなお母さんと対照的なのが、お父さんでしたね。自分が名門野球部に入れなかったから、その夢を息子に託して猛練習。そのうち息子が野球をやめたいと言い出し、親子喧嘩。野球をすることが楽しみではなく、義務に感じてしまって辛くなってしまったようです。教育熱心だけど、ほどよい距離感が必要なんだな、と思いました。)