欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

【感想】ものすごくうるさくてありえないほど近い

タイトルの

『ものすごくうるさくてありえないほど近い』ものってなんだろう。

わたしの勝手な推察だけど、

たぶん『あの日のトラウマ』なんじゃないかと。

目には見えないけど、少年にまとわりついてるのは、お父さんの面影、それに伴う9.11の衝撃の、トラウマ。

そのトラウマを克服するために、少年は旅に出て、お父さんの面影を探す。

 

この映画をみて、

1番感じたことは

『わたしは死んだ後、何か残せるものがあるのかな』ということでした。

 

 映画の中で、

お父さんは少年にとっても奥さんにとっても

とても大きい存在だったからこそ

失った悲しみも、とても大きかった。

それは、お父さんが生前に

少年と奥さんを心から愛し、

それを言葉や行動にして日頃から伝えていて

お父さんから愛されることが

2人の心の中で大きな支えになっていたからだと思う。

 

とにかく、この映画に出てくる

お父さん役のトムハンクスは、

子供から見てもカッコいい大人だし

奥さんから見ても素敵な旦那なので

ぜひ、この映画で彼の魅力を感じてほしいな、と思います。