読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

なんで?と自問することの大切さを感じた瞬間

なんでか気になって買ってしまった本

ただの衝動買いだったのか、

それとも自分が求めていた

何かがあったからなのか、

 

その時の一時の感情と捉えてしまえば

それまでなのだけれど、

そうやって簡単に思考停止せずに

頭を使う癖を作ることで

自分が普段選んでいる【選択の軸】が

見えてくるんじゃないかな、と思ったので、書きます(`・ω・´)

 

最近気になって

アマゾンでぽち買いしたのが、

「販売促進の本」

ただの気まぐれかな?と思ったんだけど

なんで気になったのかを考えてみた。

 

販売促進って、サービスとか商品のいいところを見つけてそれをどうやってPRしていくかを考える仕事じゃないですか。

他と差別化になってるor差別化になりそうな何かを見つけるわけですよね。

わたし、あんまり苦手な人っていないんですよ。割と初対面の人とすんなり打ち解けられるし、社交的な性格だと言われる事が多いんですが、それって、何故かなって考えたら、自然と

「その人の良い所を探しているから」なんだと思うんですよね。無意識なんですけど。

中学生くらいの頃に、一部の女子の中で

大人しくて無口な子を標的にして、

悪口を言って盛り上がっていたことがあったんですけど、私は逆になんでこの子はあんまりしゃべらないんだろう?と思って、誰とも仲良くしないその子が気になって、その子に数ヶ月間話しかけ続けて、めちゃめちゃ仲良くなった思い出がありました。

当時から特定のグループに所属せず、

気になる子を見つけては、仲良くなるために話しかけ続ける、と行なっていたため、友人関係は広く浅くタイプでした。

 

話が脱線しましたが、

私がアマゾンでぽち買いした

販売促進の本は、

私の過去の経験から、

自分の能力が活かせそうな仕事だと

脳が勝手に判断し、買うに至ったのだと思います。

 

自分の行動、選んだもの、

何故なのか、問いかけることで

自分が繋がっていき、

自分探しなどせずとも、

わたし自身をより深くまで知れる気がします(*´ω`*)