欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

おばあちゃんになっても与え続けられる人でいたい

先週末、父方と母方のおばあちゃん家に

行っていたのだけど

2人の生き方が全く違っていて

改めて驚いた話。

 

父方のおばあちゃんは

カリスマ専業主婦。

なんでも家で作れて、めちゃめちゃ美味しい。

家で花嫁修行前の女の子を預かって教えたり、

パッチワークでカバンとか置物を作ったり教えたりしている。

家のことはおばあちゃんに聞けば

完璧に教えてくれる。

お弁当もお店で売ってるような

幕の内弁当を家で作って持たせてくれるし

御節もすべて手作りで

1人で3段作って残りを近所に配っているほど。

おじいちゃんを献身的に支え続けて

頼まれて近所の人のヘルパーをやったり

地域でおばあちゃんを知らない人はいないほど。

地元のスーパーでも、銭湯でも

どこにいっても

おばあちゃんの友達に話しかけられる。

人望の厚さはすごい。

 

それとは対照的に、

母方のおばあちゃんは

78歳は現役看護婦として働いていて

週5で朝9時-17時で働いている。

月の給料は私と同じくらい笑

でもまだ納得いってないみたいで、

もっと他の病院の人は貰ってるから

転職しようかな、というアグネッシブな

おばあちゃん。

この前は

「表面は優しいふりしとるけどな、みんな看護婦は、患者のことを金やと思ってるでな」

という面白いおばあちゃん。

まだ耳もいいし、目もちゃんと見えてる。

最近スマホに乗り換えて

ラインを使って写真を送ってきたり

電話をかけてきたりする。

何よりすごいのは

一緒に旅行に行ったりしても

おばあちゃんの方が歩くの早いし、

ご飯をおかわりしたり、私よりもよく食べる。

 

 

2人とも私の自慢のおばあちゃんだ。

やっていることは違えど、

どちらもそれぞれ自分の力を使って

誰かの役に立っている。

その手段として

料理っていう武器だったり

看護婦っていう資格だったり。

 

年齢とともに体力は落ちているはずなのに

やってもらったり、与えられるだけではなく

おばあちゃんになっても

与え続けられる人になっていたいと

強く思う。

 

自分には何だったら

与え続けることができるんだろう。

 

f:id:asapomn:20170116154044j:image