欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

やるかやらないか迷っている間に1つのことが出来る

◆3月の目標

やるかやらないかの選択は

どっちでもいいから、早くどちらかに決める。

 

たとえば

やることが早い妹と

やることが遅い私を比べてみた時に、

 

妹は思いついた順に、

洋服が欲しいなと思ったらすぐに買いに行く。

 

私は洋服が欲しいなと思ったら

とりあえずネットで調べて

いや、定価で買うのはもったいないかも、

もう少し待ってみてまた欲しくなったら買いにいこう、

といって

Amazonなどのサイトで見つけたものを

大量のお気に入り登録し

結局1着も服を買っていない。

 

私がどれにしようかと迷っている間に

妹は1着買っている。

 

洋服は一例だけど、

思考回路は全部一緒だから

結果、同じ時間を過ごしていても

「ただ、やるかどうか悩んでいただけ」の人と

「やると決めてやり終わった」人

が2種類の人がいる。

 

それで、悩んでいた人は、やり終わった人をみて

「あーそれ、私もやろうと思っていた」

と思う。

 

誰かをみて

あー、それ、私もやろうと思ってた、

と思った経験はないですか?

 

それはつまり

「あれもいいな、これもいいなと思っているうちに、私は何も出来ず、ただ、もったいない時間を過ごしてしまったんだ」

ということです。

 

なかなかそれに自分で気付かないんですよね。

思考回路がすべてそうだから。

 

逆に言えば、1つ変えれば

少しずつ変わって行くということ。

 

私も自分でその気持ちを

忘れないために、いまブログを書きました。

 

もう、もったいない時間を過ごさないために

「やるかやらないかの選択はどっちでもいいから早くどちらかに決める」

ということを胸に刻んだいきたいと思います。