欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

メールを返す速さと成功確率の相関性

◇引用ページ

http://thebridge.jp/2015/10/email?utm_source=FeedBurner-Sd+Japan(Japanese-New)&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+SdJapan+(The+Bridge+(Japanese))

 

◇抜粋

なぜメールを返す速さと成功の相関性が高いのか。

決断の数が多い – 日々受け取るメールの数が多ければ多いほど、決断場面も多くなる。いかにすばやく決断をして、メールを迅速に返すことができるか。これが、メールボックスに入ってくる様々な機会や課題を溢さずアクションに起こすことができる秘訣だ。言うまでも無いが、メールの返信が遅い人は決断スピードも遅い=様々な機会を逃したり課題の解決に長い時間がかかってしまう。

 

***

 

なるほどなるほど。

優柔不断の自覚があるわたし。

確かにメール返すのも

めちゃめちゃ遅い。

なんでか予定を決めるのが怖いんだと思う。

大して忙しいわけでないのに。

それより、予定入れちゃって

当日

めんどくさくなっちゃったらどうしようって気持ちが大きい。

 

だったらば、

あれこれ手を出すんじゃなくて 

やることを絞れば

本当にやりたいことだけに

時間を使えるからいいじゃんって思うけど

じゃあ

本当にやりたいことってなんだろ、

って考えちゃって

また、決断が遅い人のループにハマるわけです。

 

とにかく

昨日より今日が前に進めたかどうか、

ひとつでもできるようになったことがあったか、

これを目標にしていきたいと思います。

 

カイジ 勝つべくして勝つ!働き方の本を読んだ

まず、のっけから

めんどくさがり人間のわたしは

ぐさぐさときた。

 

"明日にしようと言うたびに人生を無駄にしている"

 

***

 

何事もメリハリが大事だよね!を

タテマエにして

今日は頑張ったから

遊んじゃおう!

と申し込み手続きを終えた後に

達成感を

感じてしまうわたし。

 

"あなたの動きを止める解放感"

ただ苦手な仕事が終わっただけで、

じつは1円も稼げてない!

前に進んでいない!!

 

***

 

最近自分が勝ってor出来て

当たり前の職場で

のほほんと

ほおぼえをついてたわたしは

勝負することの大切さを忘れかけていた。

 

"勝つか負けるかギリギリの勝負に挑め"

 

勝った時に得られるメリット×勝つ確率イコール期待値

 

手に入れられるものが大きければ大きい

勝率は5割でOK

 

新たに挑戦する時の気持ちを

思い出させて

奮い立たしてもらった言葉です。

転職について 1

何度もしようとおもって

エージェント登録して

面接行くのがめんどくさくなって

でも行って

全然志望動機とか準備してないから

言えなくて

面接落ちてっていう

負のスパイラル。。

 

これ半年に1回くらい繰り返して

もう4回くらいやってて

いままた転職したい熱が高まってる

 

やっぱり転職って

怖いよね。。

 

そして、

いくら自己分析しても

自分のやりたいことが

見つからない、思い浮かばない。

 

でも、

わたしの理想は

バリバリ表に出て活躍してる

石原さとみさんとか、

千秋さんとか、

猪熊さんとか、

起業家のほりえさん

なんだよね。

 

今日読んだ本で

西原さんの

女の子が生きて行く上でおぼえてほしいこと

の中で、

 

面白いとおもってる人➖自分=足りないもの

 

って書いてあってなるほどな

分かりやすいなっておもった。

 

すくなくともわたしは

夢を叶えた方の人になりたいと

強くおもった。

願いは思ってても叶わない

願いは口に出すか

出さなければ行動に移さなければ

一生叶わない。

 

行動の第一歩は

発信でいい。

 

ただ

日々毎日発信していないと

忘れられてしまう。

 

願いを叶えている人の共通点って

毎日の発信で

 

わたしはこういうことに興味がある

こんな人間ですアピール

が出来ている人なんだと思う。

 

じゃんじゃん

思ったこと、気にになること

shareしてアピールしていきましょう(*゚▽゚*)

久しぶりにブログを

久しぶりの更新となりました。

 

何があったんだ?

 

と言われれば、辞める理由は特になにもなかったんですが、

 

辞めた後の反応を見たかったというのが一番です。

 

自発的に始めたブログですが

 

自分の思考整理以外に、

 

私の発信する情報は誰かに必要とされているのか、

 

また自分自身がひとりのユーザーとして自分のブログを客観的に

面白いのかどうかをみてみたい、という目的がありました。

 

結果、

3月から一切更新をしておりませんでしたが、

ありがたいことに

毎月700ほどのアクセスがあり、途切れていない状態です。

 

ただ、反省点もたくさんあり

客観的にみて私という人間がどういう人なのかが全く分からない、

個性がでていない、どういう人かわからないから

あんまり愛着がわかなさそう、だな、など

 

もっと自分を出していきたいと思いますが、

顔写真を載せるなどのプライベートすぎる露出には抵抗感があります。

 

また、ただ友達とランチいってきた写真を載せても

ありきたりすぎてつまらないんじゃないか、とか

そんな思いもあります。

 

けれど、

アメブロで殿堂入りをしている海老蔵さんのブログを読んで

とても面白くて、

引き込まれて1時間以上さかのぼって振り返ってみてしまいました。

 

海老蔵さんは自撮が多く、写真も一眼レフカメラで撮った写真ではなく

アイフォンでさっととったような写真なのですが、

その日常の写真ばかりの中でも

いつもと少しでも違うところがあると気になったり

写真と写真の間にあるひとことの文章が面白かったり、

そんな楽しみがありました。

 

今までちゃんとしたことをかかなきゃ、と

気を張ってブログを書いていたと思いますが、

少し軽めに考えて面白くないかもしれないし、

まとまってないかもしれないし、

昨日のブログと強いて変わらないような内容になっちゃうかもしれないけど

まめに発信することに意味があると思って

これからはゆるーく再開をしていきたいと思います。

 

お気に入りのパンみーつけた!

f:id:asapomn:20170322091836j:image

ニューデイズから新しく出た

熊本メロンパンがめちゃめちゃ美味しい。

 

人気パン屋さんのメニューに並んでいても

全く違和感ない味だ。

 

メロンの果汁が入ってて

本当に美味しい。

 

ぜひ食べてみてね💓

 

 

頼み上手になる為の方法

挑戦するときは、恐ろしく厚かましくなれ。

ただし、相手がお願いを受け入れてくれた後は、手紙を書いたり最大限の気遣いをしろ。

 

私もだけど、

これ、逆になってる人が多いと思う。

 

何もない私が、と思って

本当のお願いを口に出来なかったり

それでいて

相手がお願いを叶えてくれた後は

ありがとうございますのメールひとつ

ろくに打てない。

 

たとえば、

OB訪問の依頼なんかも、

「どんな人でも良いので、ランチしてくれる人お願いします」よりも

「1番営業で売れてる人とランチがしたいです」とか

「入社したら〇〇がやりたいと思ってるんですけど、1番近い仕事内容の部署の人とランチさせてください」

と一見厚かましい学生に見えるけど

相手の希望(=オファー)が具体的で分かりやすいので

こちらも手配しやすいし、

さらに学生側も自分の希望が叶ったことへと喜びは大きいと思うので

有意義なOB訪問になるだろう。

 

「なんでも良いんで、良い感じにお願いします」という(一見謙虚風を装ってる)お願いほど

無茶すぎて、厚かましいお願いはない。

そしてそういう学生ほど、

そのあとの気遣いなどがなく、

一度きりの関係になることが多い。

 

これはOB訪問にからかわらず、

自分より立場が上の人にお願いする時や

新しいことに挑戦する時にも

当てはまると思うので

本当の意味での謙虚さを持つことが

頼み上手になる方法なんじゃないかと思う。