欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

絶品カツサンドはいかがですか?

昨日の夜のご飯が

とても美味しかったので

載せます♪

 

とてもお洒落で、

美味しいお店だったので、

良かったら行ってみてください⭐︎

 

絶品カツサンドのお店です!!笑

f:id:asapomn:20180212132757j:image

その他のものもオシャレで

食べたことのないオリジナル料理ばかりで

美味しかったですよ💓

 

↓ナスと鳥ハムのオマージュ

f:id:asapomn:20180212132849j:image

↓エビとベーコンのアヒージョ

これ、本当に美味しいです。

5回以上おいしいと叫びました。笑

f:id:asapomn:20180212132854j:image

 
雰囲気も40代くらいの方がたくさんいる
落ち着いた感じなので、
デートなんかにとてもオススメです!!

 

洋食酒場 フライパン
03-3418-0647
https://retty.me/area/PRE13/ARE22/SUB2201/100000039537/

 

過去の自分に言いたいこと。

自分のやりたいこと、

これなら本気で頑張れるってことが

見つからず

いろんな事をやっては辞めてというのを

繰り返していた過去の自分に言いたい。

 

やりたいことがないからって

誰かをサポートする仕事がしたいって

いうのは違う。

 

まだ見つかっていないだけで、

自分が主役の人生を歩いて良いんだよ!

 

自分の幸せを考えて良いんだよ!

 

誰かのサポートのための

人生なんて歩む必要ない!!

 

自分のやりたいことが

その人もやっていて、

その人を支えることが

自分のやりたいことを実現することに

繋がってるならいいけど、

そうじゃないなら、

なんとなくのサポートは辞めるべき。

 

 

よく知らないものは買いたくない消費者心理

顧客心理として、

よく知らないものは買いたくないんです。

 

でも、知るってどういう状態なんでしょ。

 

100パーセント

完璧に知ることはできません。

 

ならば、

営業マンの仕事としては、

100パーセント知ったな、という

気にさせることじゃないんでしょうか。

 

なぜ、他社に相見積もりするのか?

それは、適正価格なのか、を

知りたいからです。

高すぎないか、安すぎないか。

を、

知りたいからです。

 

使ってる人の話を聞いてから決めたい。

それは、自分でも使えるか心配だから。

という操作性の問題。

 

検討します、という言葉を

鵜呑みにしてはいけないです。

言わないだけで、持ち帰りの場合、必ず理由があるはずです。

 

ならば、

これらをトークに盛り込んであげれば

その場で納得してもらえるんです。

 

例えば、

適正価格については、

他社はだいたいこのくらいです、

っていうのを自分の方が高くても言う。

その差はこれです、と理由も合わせていう。

いずれどうせバレるのですから

もう、自分の方から言っちゃうのです。

そうすると、

この人営業マンなのに、不利益な情報も公平な立場教えてくれる人、というふうになるんです。

 

よく、検討したいって言われちゃいました。となかなか決まらない人は

しっかりと情報提供ができていないからだと思います。

 

不採用の場合も、

しっかりと情報提供できていれば

早めに分かりますし、

価格面など、何が理由で採用とならなかったのか、明確にわかれば諦めがつきます。

 

写真の加工アプリが凄すぎる

◆加工前

f:id:asapomn:20180209120212j:image

 

◆メイクアプリで、メイクをしてみた。

f:id:asapomn:20180209120258j:image

 

ちなみに、使ったのは、

you cam make ってアプリ。

おススメです💓

 

◆それに、さらに加工。

メイク加工がバレないように、

フィルターをかけて、雰囲気を一体化させます。

 

f:id:asapomn:20180209164519j:image

 

どうですか?

 

加工アプリ凄いですね(*´꒳`*)

 

空港って面白い

だいたい女性同士の2人組は

すごく雰囲気が似ている。

 

背丈とか、メイクの濃さとか

髪の色とか、服装とか。

 

これって、一緒にいると

自然と似てくるってやつだと思います。

 

旅行に行くってことは、

それなりに仲良くて、

よく一緒にいる可能性が高くて、

そうしていくうちに

外見も似てきたんじゃないかな、とか

思います。

 

自分たちは全然似てないと思うのに、

客観的に見るとめっちゃ似ている、という。

 

面白い発見です。

 

そして、私は

カップルできている男性が

かっこいいか、かっこよくないか、

チェックして、

カッコよくないと安心したい病にかかっています。

 

だって、

海外慣れしてて、

カッコよくてって、

最高じゃないですか…!!!

 

海外旅行に連れてってくれるなんて

やさしくて、

サービス精神があって

自信がある証拠じゃないですか。

 

論理が飛躍しすぎですか笑

自分の欲しいものは比較しないと分からない

これ、

例えば友達がランチセットの違う方を

頼んでいたとして、

運ばれて来て見比べて

あ、あっちの方が良かったなぁと

思うわけですよ。

 

それって、同じものを

頼んでいたら後悔がないけど、

違うものを頼んだから

どっちの方が自分が食べたかったか?

と自分に問いかけたんですよ。

 

そう思うと、

人生というのは選択の連続だと

いうことに

あらためて、

思わせられるなぁ、と思ったり。

 

逆に、同じ選択肢しか選んでいなかったら

欲しいものかどうか、

問いかけるきっかけさえ、

失っているということですよね。

 

お気に入りのものは崩さない程度に

新しい選択を意識的にしてみたいと思います。

空港でお土産を買いながら思うこと

今、海外旅行に来てるんですけど

空港でお土産見ながら

ふと、

昔付き合ってた彼氏のことを

思い出しました。

 

本社が海外にあって、

その関係で海外出張とか

よくある人で、

戻ってくるたびに

お土産を買って来てくれてたんです。

 

なんか、当たり前の習慣に

なってたけど、

自分が空港でお土産を買って帰る立場に

なって、

お土産をどんなのがいいかなって

選んでいる時って

その人の顔を思い浮かべていて。

 

帰国したら、早く会いたいって

思いがこみ上げてくるんだなぁ、

今になって実感したわけです。

 

当時、よく

出張後に会いたいとか言われて

え、成田までいくの?めんどいなぁ、

とか思ってた私、

すみません。

 

相手の気持ちというのは、

本当に相手と同じ立場にならないと

わからないですね。