読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲張りOLの毒舌日記

年功序列制の大企業で働きながらも自由に楽しく生きていくためのブログです。

どんな人がいいか決められないのっていう女の屈折した本音

「どんな人がいいか決められないの」

 っていうと

単なる優柔不断な子だなぁ〜

と思うかもしれないけど

そんな可愛いもんじゃない。

計算高くあることを考えていて

その言葉の裏側には、

屈折した思いがあることを

ぶっちゃけて書いてみたい。

 

***

 

仕事をバリバリしてるインテリエリートと結婚したら

家のことは、基本自分がやらないといけなくなるから

専業主婦で家事が大好きならば

それでいいけど、そーでもない。

 

じゃあ逆で

給料は低いけど、

家庭のことは超協力的なイクメン

結婚したら

家のことは手伝ってくれるけど、

その分辛くても仕事を辞められないし、

自分が稼ぎ続けないといけない。

仕事好きのワーカホリックならいいけど

そーでもない。

 

***

 

「自分の可能性を狭めたくない」

といえば聞こえはいいけど、

本音としては

「誰かのために自分を犠牲にしたくない。」

って気持ちがあるんだと思う。

 

自分のためならいくらでも

頑張れるけど、

誰かのために犠牲になっているとしたら

我慢できない。

そんな屈折した気持ちがあるんだと思う。

 

 だからそういう言葉が

口癖になっている女は要注意。

ただ可愛いなぁ〜♡

じゃなくて

どんな本音を隠しているか

炙り出す必要があります。

 

その上で、まだ気持ちが変わらなければ

交際や結婚を決意しましょう(●´ω`●)